2024年度東京プレイセラピーセンター公開講座

(第2回年次大会午前の部)


「プレーパーク:遊びと子どもと大人 × 地域での子育て支援」


 講師:嶋村仁志氏

(一般社団法人TOKYO PLAY代表 / 一般社団法人日本プレイワーク協会代表理事 /
International Play Association: IPA 日本支部運営委員


子どもにとって、大人にとって、遊びとはなんだろう。そして一緒に遊ぶ体験から生ま
れるものとは?色々な事情で遊ぶことそのものが難しい昨今、そして遊びの形も時代とと
もに変わっていきます。そんな中で、遊びの重要性について考えるひと時を持ってみませ
んか?子どもが遊ぶこと、子どもと遊ぶこと、そして大人自身が遊ぶことについて、ヒン
トを得て、明日からの生活に活かせる新しい視点が生まれるかもしれません。

子どもの育ちや子ども・親・大人との信頼関係づくり、そして地域への貢献に、遊びのも
たらす様々な力を生かした活動を全国で展開している「プレーパーク」。その取り組みに
力を尽くしている一般社団法人TOKYO PLAY代表の嶋村仁志さんをお迎えし、遊びとは何
か、子どもとは何か、支援とは何か、を広く深く考えたいと思います。

10時から12時まではプレーパークの理念など基本的な背景のお話とともに、そこで子ど
もの遊びをどのように展開する工夫をしているのかについて、また、大人たちの存在や大
人と子どもの関係性を重視しているプレーパークの遊び支援のあり方について、嶋村さん
にお話していただきます。心理専門家の会員だけでなく、広くどなたにでも開かれた講演
会です。


講師紹介
嶋村仁志氏
上智大学卒業後、英国リーズ・メトロポリタン大学社会健康学部プレイワーク学科高等教
育課程修了。1996年に羽根木プレーパークの常駐プレーリーダー職に就いて以降、プレイ
ワーカーとして川崎市子ども夢パーク、プレーパークむさしのなど各地の冒険遊び場のス
タッフを歴任。その後フリーランスとなり、国内外の冒険遊び場づくりをサポートしなが
ら、研修や講演会を行う。2010年「すべての子どもが豊かに遊べる東京」をコンセプ
トに TOKYO PLAY を設立。2005年から2011年まで IPA(子どもの遊ぶ権利のための国際協会) 東アジア・太平洋地域副代表を務め、現在は一般社団法人TOKYO PLAY代表理事、 一般社団法人日本プレイワーク協会 代表理事、大妻女子大学非常勤講師。

嶋村氏インタビュー記事「ほいくる: https://hoiclue.jp/800011422.html

◇日時 2024年8月10日(土曜日)
講演:10時から12時(9時半から受付開始)どなたでも参加可能

◇場所 品川インターシティ会議室、オンライン参加も可能(開催日程が近づきましたら
、ご参加の方に参加方法についての詳細をお知らせいたします)

◇参加費 500円
*年次大会参加会員は、年次大会参加費に含まれます。
*これを機会に東京プレイセラピーセンターへの入会をご希望の方は
6月末までにお問い合わせください。
(入会についてのご案内はこちら: https://www.tokyocpt.org

◇お申込み・参加費のお支払い
Peatixをご利用ください。
https://peatix.com/event/4025787

◇締め切り 8月8日(木)まで受け付けます

◇キャンセルポリシー:お支払い後のキャンセルについては、Peatixの規定に基づき返金をいたします(手数料をお引きした金額の返金となります)。8月1日以降はキャンセル不可となり、返金は致しませんが、チケットをお知り合いなどに譲渡していただけます。

◇主催・お問い合わせ
一般社団法人 東京プレイセラピーセンター
Email : [email protected]
URL:www.tokyocpt.org